子育て支援さらに前へ

公明新聞:2017年8月10日(木)付

菅官房長官に要望する佐藤部会長ら=9日 首相官邸菅官房長官(中央右)に要望する佐藤部会長(同左)ら=9日 首相官邸

女性活躍など 重要施策申し入れ
来年度概算要求で党内閣部会

公明党内閣部会(佐藤茂樹部会長=衆院議員)は9日、首相官邸で菅義偉官房長官に会い、来年度予算の概算要求に向け、重点施策を要望した。

席上、佐藤部会長は「待機児童解消が重要な課題だ」と述べ、政府が進める「子育て安心プラン」の実施に必要な予算の確保を要請。また、女性活躍を推進するための交付金の恒久化やテレワークの普及を求め、「女性活躍の推進を」と訴えた。

このほか、深刻化する子どもの貧困への切れ目のない支援や、性犯罪・性暴力被害者支援に向けた「ワンストップ支援センター」の設置促進などを要望した。これに対し、菅官房長官は「しっかり対応していく」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読