平和の理念 世界に発信

公明新聞:2017年8月10日(木)付

献花する山口代表=9日 長崎市献花する山口代表=9日 長崎市

72回目 長崎原爆の日
山口代表、祈念式典で献花

平和祈念式典で、田上長崎市長の平和宣言とともに放たれたハト=9日 長崎市の平和公園長崎は9日、72回目の原爆の日を迎え、爆心地に近い長崎市松山町の平和公園で、市主催の「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれた。

式典には、被爆者や遺族、安倍晋三首相らが参列し、犠牲者の冥福を祈った。公明党から山口那津男代表をはじめ、吉田宣弘衆院議員、秋野公造、河野義博の両参院議員、麻生隆、川崎祥司、宮本法広の各長崎県議、向山宗子、久八寸志、山本信幸、永尾春文、林広文、福澤照充の各長崎市議、明石功・佐世保市議、平野利和・雲仙市議、杉山誠治・西海市議が参列。米国、ロシア、中国など6カ国の核保有国も含め58カ国の代表も参加した。

遺族らが7月末までの1年間で新たに死亡が確認された3551人の名簿を奉納し、犠牲者に水と花輪をささげた。原爆投下時刻の午前11時2分、鐘の音に合わせ1分間黙とう。原爆死没者数は17万5743人となった。

田上富久市長は平和宣言で、核保有国などに「核兵器で国を守ろうとする政策」の見直しと核軍縮の義務を果たすよう求めた。さらに、憲法の平和の理念と非核三原則の厳守を世界に発信し、「北東アジア非核兵器地帯」構想の検討を求めた。

続いて被爆者代表の深堀好敏さん(88)が「平和への誓い」を読み上げ、安倍首相があいさつ。首相は「核兵器のない世界を実現するには、核兵器国と非核兵器国双方の参画が必要。双方に働き掛けることを通して、国際社会を主導する」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読