本格的な振興策が重要

公明新聞:2017年7月28日(金)付

あいさつする矢倉政務官=27日 埼玉・川口市あいさつする矢倉政務官=27日 埼玉・川口市

都市農業サミットで力説
矢倉政務官

矢倉克夫農林水産大臣政務官(公明党)は27日、埼玉県川口市で開催された「第5回都市農業サミット」(全国都市農業振興協議会主催)に参加し、あいさつした。

席上、矢倉政務官は、新鮮で安全な農産物の供給に加え、農業体験の場の提供や災害に備えたオープンスペースの確保など、都市農業が持つ多様な機能に言及。その上で、「都市農地を計画的に保全し、本格的な都市農業振興策を実施する重要性は、ますます高まっている」と強調した。

さらに矢倉政務官は、都市農地の有効活用を促すため、市街化区域内の生産緑地を貸借した場合も相続税納税猶予が適用される制度の創設に向け、「精力的に検討を進めている」と力説した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読