共産・自民の挟撃に遭い圏外

公明新聞:2017年6月23日(金)付

谷村たかひこ谷村たかひこ

谷村たかひこ 現
北多摩1区(東村山市、東大和市、武蔵村山市)(定数3)
情勢急変、壮絶な接戦に
東京都議選 きょう告示 7月2日(日)投票

定数3に5氏が挑む北多摩1区の情勢が急変し、公明現職の谷村たかひこ氏が圏外にはじき出される危機的な状況に陥っている。

都民ファースト新が他を大きく引き離して独走。残る2に、共産現は市外から運動員を大量動員し、なりふり構わぬ街宣活動で政権批判層の大半を取り込み急浮上。保守層を引き締める自民現が続く。谷村氏は4番手で苦戦。共産は公明批判を展開、自民も「公明は大丈夫」との根拠のない安泰説を執拗に流し、谷村氏の支持層を激しく切り崩している。予断を許さぬ大接戦から谷村氏が抜け出すには、他陣営に流れた支持を奪い返し、新たな大拡大で攻め抜くしかない。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読