3つのK【Kitanai(汚い!)Kiken(危険!)Kitachousen(北朝鮮!)】で分かる 共産党ってどんな党?

公明新聞:2017年6月22日(木)付

選挙目当てのパフォーマンスを繰り広げる共産党について、「どんな政党か知りたい」との声が本紙に寄せられています。そこで同党の実態を「3つのK」でまとめました。

Kitanai(汚い!)実績横取りのハイエナ政党

Kitanai(汚い!)実績横取りのハイエナ政党共産党は、東京都の2017年度予算に盛り込まれた「私立高校授業料の実質無償化」について、機関紙「赤旗」などであたかも自分たちの実績のように盛んに宣伝しています。

しかし、小池百合子都知事が「公明党の提案がまさに花開いた」と明言している通り、都議会公明党の粘り強い取り組みによって無償化が実現したことは明らかです。

一連の報道でも「公明要望で『私立高無償』」(朝日新聞1月26日付)などと公明党の取り組みを伝えており、「共産党の成果」と報じた主要紙は皆無でした。

また、都内の認可保育所増設についても自らの“実績”と言い張りますが、その“根拠”としている条例案は、同党が提案したものの現実性がないため議会で否決された代物です。むしろ共産党は、保育所増設を推進するどころか、関連する法律、国や都などの予算に反対してきた張本人です。

こうした“実績横取り”の汚い手法を、元都知事は「ハイエナ」と揶揄しました。

Kiken(危険!)オウムと同じ公安の調査対象

Kiken(危険!)オウムと同じ公安の調査対象法務省外局の公安調査庁は、公共の安全確保を図ることを任務として、法律に基づき、共産党や中核派などのほか、オウム真理教を調査の対象としています。

このうち共産党について、政府は昨年3月、「警察庁としては現在においても……『暴力革命の方針』に変更はないものと認識している」とする答弁書を閣議決定し、無所属の衆院議員が提出した質問主意書に答えました。

答弁書は、共産党が戦後に合法政党になって以降も「日本国内において暴力主義的破壊活動を行った疑いがあるものと認識している」と指摘。「現在においても、破壊活動防止法に基づく調査対象団体である」としています。

公安調査庁のホームページ(HP)にも、共産党は「各地で殺人事件や騒擾(騒乱)事件などを引き起こしました」「暴力革命の可能性を否定することなく、現在に至っています」と、同庁の見解が明記されています。共産党の危険性は、国も認めた“お墨付き”です。

Kitachousen(北朝鮮!)「危険ない」と的外れな発言

Kitachousen(北朝鮮!)「危険ない」と的外れな発言共産党の志位和夫委員長は、15年11月のテレビ番組で「北朝鮮にリアルな危険はない」と発言しました。しかし、志位氏の発言から1年半足らずの間に核実験2回、ミサイル発射は数十発にも及んでおり、共産党の認識の甘さと無責任さが浮き彫りになりました。

国際社会への威嚇を続ける北朝鮮に対して、共産党は現在、抗議する姿勢を見せていますが、もともとは制裁措置に反対し、擁護するかのような態度をとり続けてきました。

例えば、04年2月に成立した日本独自の経済制裁を可能にする改正外国為替・外国貿易法(外為法)の採決で反対した政党は共産党だけでした。さらに同年6月成立の、特定船舶入港禁止法にも反対しました。

そもそも、元共産党政策委員長の筆坂秀世氏が「共産党と北朝鮮の朝鮮労働党は、もともとは友好関係にあった」と指摘している通り、共産党はかつて、朝鮮労働党の「兄弟党」として密接な関係を持っていた政党なのです。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読