公明、最大の危機 沖縄・那覇市議選

公明新聞:2017年6月19日(月)付

7月2日(日)告示
 同9日(日)投票

沖縄県那覇市議選(定数40)は、7月2日(日)の告示まで、あと13日と迫った。投票日は同9日(日)。

公明党は現有議席の死守へ、大はま やすし(60)、翁長シュンエイ(60)、キシャバ盛三(64)、イトカズ昌洋(57)、クワエ豊(62)、のはら嘉孝(54)、大城わかこ(53)の現職7氏を擁立。懸命の支援を訴えているが、いまだ当落線上の攻防で苦戦。他陣営の猛烈な切り崩しにも遭い、重大局面に。

同市議選には公明を含む約70人が出馬予定で、うち30人以上が有力新人。現職が必ずはじき飛ばされる情勢。中でも共産は1増の7議席をうかがい、社民、諸派も全員当選の勢い。自民、維新は保守層を締め付け浸透。残る10議席前後を公明7氏を含む有力40人程度で争う、し烈な戦いに。

このままでは公明7氏は危ない。全員当選には、爆発的拡大で、猛烈に支持を押し上げることが急務だ。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読