切り崩され情勢緊迫

公明新聞:2017年6月17日(土)付

まつば多美子まつば多美子

まつば多美子 現
杉並区(定数6)
混戦突破へ総力を
都議選(23日告示 7月2日投票)

杉並区では、定数6に対して予定候補11人がひしめく大混戦の様相。公明現職のまつば多美子さんは、勢いづく他党の攻勢に押されて伸び悩み、このままでは思わぬ事態を招きかねない。

都民ファーストの男性新人は小池百合子都知事の支持層を広く取り込んで先頭を走り、前回トップ当選の自民現が保守層を手堅く固めてこれに続く。

共産新は、活発な街頭活動で豊洲市場への移転反対派などを取り込み優勢。都民フ新の女性も急速に浸透し、圏内入りを確実にした模様。地元衆院議員の後押しを受ける自民現の女性も混戦から抜け出す勢い。

残る1を、生活者ネット現、民進現と、まつばさんが激しく競り合う中、元参院議員の民進新も猛追。攻防は日ごとに激化し、一進一退の緊迫した情勢になっている。

まつばさんは、他党から激しい切り崩しに遭い、かつてない劣勢を強いられている。この混戦を制するには、都政改革などの豊富な実績を語り抜き、他党支持層へも攻め込む圧倒的な拡大を展開するしかない。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読