臨床工学技士の育成・活用で要請

公明新聞:2017年6月17日(土)付

党厚労部会に団体

公明党厚生労働部会(部会長=桝屋敬悟衆院議員)は16日、衆院第1議員会館で、日本臨床工学技士会(本間崇理事長)と日本臨床工学技士連盟(肥田泰幸理事長)から要請を受けた【写真】。肥田理事長らは、医療機器の安全確保と有効性維持を担う臨床工学技士の現状について、医療・介護現場での役割が拡大する一方で、人材の育成・活用が進んでいないと指摘。国公立大学における臨床工学技士養成学科の新設や技術・手技を適正に評価した診療報酬改定などを求めた。桝屋部会長は「しっかり検討する」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読