地方議員選のビラ配布解禁法案了承

公明新聞:2017年6月6日(火)付

党政調

公明党政務調査会(石田祝稔会長)は5日、衆院第2議員会館で全体・部会長合同会議を開き、町村議選を除く地方議会議員の選挙期間中に公約などを書いたビラ配布を解禁する公職選挙法改正案(議員立法)を了承した。これに先立つ党政治改革本部と総務部会の合同会議でも了承された。

自民、公明の与党両党が取りまとめた同法案では、配布できるビラは2種類まで。配布枚数の上限は1候補につき都道府県議会で1万6000枚、政令市議会で8000枚、政令市以外の市と特別区で4000枚。2019年4月の統一地方選からの解禁をめざす。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読