改革を担う!都議選予定候補の訴え

公明新聞:2017年6月2日(金)付

まつば多美子 現
杉並区 定数6
都政改革の先頭に立つ

初当選以来、「チルドレンファースト」を掲げて、未来を担う子どもたちが希望を持てる社会をめざし、私立高校授業料の実質無償化などを実現しました。

杉並区内の豪雨災害現場での救援活動が原点になり、善福寺川調節池の整備や女性視点の防災ブック作成といった防災事業も前に進めてきました。

東京都政が転換期を迎えている中、議員自らが襟を正して改革を進めなければいけません。都議会公明党の都政改革推進プロジェクトチーム座長として、議員報酬20%削減など「身を切る改革」関連条例の制定をリードすることができました。

都民に信頼される東京をつくるためにも、毅然とした姿勢を貫き、都政改革の先頭に立ってまいります。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読