改革を担う!都議選予定候補の訴え

公明新聞:2017年5月30日(火)付

こいそ善彦 現
町田市=定数4
安心の街へ防犯・防災力を強化

都政改革には調査能力、政策立案能力、説得力が欠かせません。これらを兼ね備えるのが、実現力ナンバーワンの都議会公明党です。私自身、都政改革の一環として、都職員の定期代支給に関し、1カ月単位から割引率の高い6カ月単位へ見直しを提案。年間34億円を節減しました。

安全・安心の街へ、町田市内への大型交番設置などを進め、年間約1万件あった犯罪件数が3000件台に減少。老朽化した町田消防署の移転にも道筋を付け、今秋、一大防災拠点が誕生します。ピロリ菌検査を含む無料「胃がんリスク検診」も町田で導入でき、早期発見で成果を上げています。

今後も防災先進都市、安心の健康長寿社会の構築へ働き、実績を積み重ねてまいります。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読