改革を担う!都議選予定候補の訴え

公明新聞:2017年5月25日(木)付

中島よしお 現
北多摩3区(調布市、狛江市)=定数3
調布・狛江を「きぼう都市」に。

人口減少社会にあっても世帯数が増え続けるなど、発展の可能性に満ちた調布市、狛江市を「きぼう都市」にします。まず、都営住宅の建て替えを推進し、余剰地を活用した保育所やサービス付き高齢者住宅の整備に取り組んでいきます。

さらに、東京五輪・パラリンピックに向けては、地域の段差解消や“開かずの踏切”対策、駅のホームドア設置を促進。情報や言語といったソフト面も含め、世界に誇れるバリアフリー先進都市をめざします。

これまでも、都民と“約束”した議員報酬20%削減などの「身を切る改革」や教育負担の軽減を実現。さらなる福祉・教育の充実、防災・減災対策の強化を図るなど、都民のための「東京改革」に全力で挑みます。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読