語りたくなる都議会公明党の実績

公明新聞:2017年5月22日(月)付

福島と東京の子どもたちが野球を通じて交流=昨年8月 東京・墨田区福島と東京の子どもたちが野球を通じて交流=昨年8月 東京・墨田区

被災地支援
応援ツアー、スポーツ交流など復興をリード

東日本大震災からの復興へ、東京都議会公明党は、どこまでも被災者に寄り添う「現場第一」に徹し、都の被災地支援をリードしてきました。

原発事故の風評被害に苦しむ福島県の観光を支援するため、都が2011年から7年連続で実施している「被災地応援ツアー」が好評を博しています。これは、福島への旅行代金を1泊当たり3000円(日帰りは1500円)助成するもので、今年度の都予算には2万泊分(日帰りは1万5000回分)が盛り込まれています。

被災地から少年少女のスポーツ団体を都内に招待し、交流試合やホームステイなどを通して絆を深める「スポーツ交流事業」も、11年から毎年実施されています。また、20年東京五輪では、追加種目となった野球、ソフトボールの一部試合が、福島県営あづま球場(福島市)で開催されることも決まりました。

一方、岩手県や宮城県で発生した大量の災害廃棄物(がれき)を、東北地方以外の自治体で最初に受け入れたのが東京都です。さらに、被災地で復興事業などに従事する職員が不足しているため、これまでに延べ3万人を超える都職員を被災地に派遣してきました。

福島県産米の活用提案
都職員の備蓄食糧

都は今年度、放射線について断片的な知識しか持たない児童・生徒が少なくないことから、放射線教育の拠点「福島県環境創造センター」での教員研修を実施し、学校教育に生かしていく予定です。

党都本部が11日に発表した「2017東京都議選に臨む重点政策」では、災害時の都職員の備蓄食糧として、福島県産のアルファ化米の活用や、被災地応援ツアーの継続実施などを訴えています。

「被災地のことを、絶対に忘れない」―。今後も都議会公明党は、東北の復興加速に向けて全力で取り組みます。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読