性暴力被害対策で団体と意見交換

公明新聞:2017年5月18日(木)付

秋野、佐々木氏

公明党の秋野公造、佐々木さやか両参院議員は17日、参院議員会館で、性暴力被害者を支援するNPO法人など4団体で構成する「刑法性犯罪を変えよう! プロジェクト」のメンバーと意見交換した。

同団体は、性暴力について、被害直後に身動きが取れなくなる不動反射(フリーズ反応)が起きるケースがあることなどを指摘。性犯罪の罰則を強化する刑法改正案が今国会に提出されていることから「被害者の心理的負担を十分考慮した付帯決議の実現を」と訴えた。秋野氏らは、実現に尽力する考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読