対象に精神障がい者も

公明新聞:2017年4月26日(水)付

質問する熊野氏=25日 参院厚労委質問する熊野氏=25日 参院厚労委

公共交通の割引めぐり
熊野氏

25日の参院厚生労働委員会で公明党の熊野正士氏は、障がい者に対する公共交通機関の運賃割引制度について、「身体」や「知的」は対象なのに「精神」は除外されているケースが少なくない現状を指摘し、「差別されているという声が多い。改善を」と訴えた。

国土交通省側は「精神障がい者への割引が広まるよう関係者への理解と協力を求めていく」と答えた。また熊野氏は、アウトリーチ(訪問支援)を行うことで入院を未然に防ぐ国の「精神障害者アウトリーチ推進事業」について、活用する自治体を増やしていくため、「工夫が必要」と強調し、厚労省の努力を促した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読