女性の政治参画促す法案成立めざす

公明新聞:2017年4月25日(火)付

シンポで高木さん

公明党の高木美智代衆院議員は24日、都内で開かれたシンポジウム「女性の活躍舞台づくり」(主催=一般社団法人・日本MOT振興協会)にパネリストとして出席した。

高木さんは、女性議員が全体の3割を占める公明党の特長に触れ、「女性の視点を生かし、出産育児一時金の創設・拡充、DV(家庭内暴力)防止策の強化など数多くの実績を築くことができた」と強調。国政や地方議会の選挙で女性の政治参画を促すため、「政治分野における男女共同参画推進法案」の早期成立をめざすと訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読