中小企業 寄り添い支援

公明新聞:2017年4月18日(火)付

石川金網株式会社を視察する党対策本部と、けいの都青年局次長=17日 東京・荒川区石川金網株式会社を視察する党対策本部と、けいの都青年局次長(左から2人目)=17日 東京・荒川区

技術革新、事業承継の政策探る
東京・荒川、墨田両区で党対策本部

公明党の中小企業活性化対策本部(赤羽一嘉本部長=衆院議員)と経済産業部会(高木美智代部会長=同)は17日、中小企業の技術革新や事業承継のさらなる支援策を探るため、東京都荒川区の石川金網株式会社と墨田区役所を視察した。

赤羽本部長、高木部会長のほか、石川博崇参院議員、中野洋昌衆院議員が参加。荒川区でけいの信一都本部青年局次長(都議選予定候補=荒川区)、墨田区で加藤まさゆき都議(同=墨田区)が同行した。

一行は、石川金網株式会社のヒット商品である世界初の金網で折る折り紙「おりあみ」の製造・販売状況について、石川幸男社長から説明を受けた。石川社長は「ものづくり補助金を活用して精緻な金網裁断機が導入できたおかげで、おりあみが生まれた」と述べ、先端技術を取り入れる設備投資の重要性を指摘した。

サポートセンターを訪れ、担当者から説明を受ける党対策本部と加藤都議=同 墨田区一方、墨田区では区が積極的に取り組んでいる中小企業の事業承継支援策に関して意見交換。区経営支援課は、区のアンケートで「後継者なし」と答えた企業に対し、「マッチングなどのサポートを行ってきた」と説明する一方、区内のマッチングには限界があるとし、広域なネットワークの構築を求めた。

このほか、一行は区が開設した企業の相談窓口「すみだビジネスサポートセンター」を視察した。

視察後、赤羽本部長は「現場に寄り添った実効性のある支援策を検討し、5月には政府に対して政策提言を行いたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読