給付型奨学金 17年度分 4月中に締切

公明新聞:2017年4月4日(火)付

「給付型奨学金」制度の概要「給付型奨学金」制度の概要

高卒認定、浪人生も対象
申請手順を公表

公明党の長年の主張を受け政府が新設する、大学生らを対象とした返済不要の給付型奨学金に関し、実施主体となる日本学生支援機構は3月31日、申請手順などを示した案内を公表した。2017年度の一部先行実施の申し込みは原則的に4月中に締め切られる見通し。機構では「募集時期を逃さないよう注意してほしい」と呼び掛けている。

対象は住民税非課税世帯などの大学、短大、専門学校、高等専門学校(4、5年)の学生など。これには、公明党の主張を受け、一定の要件を満たした浪人生や高校卒業程度認定試験の合格者らも含まれている。

17年度は、同年度に入学する私立の下宿生と児童養護施設出身者らを対象に先行実施する。現役生・浪人生ともに申込書類を在籍校(大学など)で受け取り、出身高校に学力に関する認定書などの作成を依頼。申込書や振込口座届などとともに在籍校に提出する。締め切りは学校によって異なるが、4月中の見通し。早ければ5月中に審査を終え、6月から振り込まれる。

18年度からの本格実施では、現役・浪人生ともに、原則的に高校の推薦が必要になる。同年度分は、高校3年生らが17年5月以降に高校で申込書類を受け取り、記入などして提出。機構は高校からの推薦書類を受けて審査し、同10月下旬に結果を通知する見通し。

なお、高卒認定試験合格者については、同試験での評価などに基づき、機構で審査することから、別途手続きを設けている。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読