「出演強要」問題

公明新聞:2017年3月22日(水)付

政府、月内に緊急対策
公明の提言受け初会合

政府は21日、若い女性らがアダルトビデオ(AV)出演を強要される問題を巡り、関係府省庁局長級会議の初会合を首相官邸で開いた。取り締まり強化や教育・啓発の充実などの防止策を検討し、5月中旬をめどに方針を取りまとめる。

席上、菅義偉官房長官は「AVへの出演強要は極めて重大な人権侵害だ。政府を挙げて取り組んでいきたい」と述べた。会合後、議長を務める加藤勝信男女共同参画担当相は、就職や進学などで生活環境が変化する4月に被害が増える恐れがあると見て、相談体制の強化などの緊急対策を月内に策定することを記者団に明らかにした。

これに関して、21日の政府・与党協議会で、菅官房長官は「公明党の提言を受けて緊急対応を行う。しっかり対応していく」と強調。公明党の井上義久幹事長は「将来ある若い人の人生に禍根を残すことがないよう対応してもらいたい」と重ねて要請した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読