東京都議選予定候補 こう語ろう 小林けんじ 現

公明新聞:2017年3月9日(木)付

練馬区 定数6

◆若年性認知症対策をリード
◆区内地下鉄全駅にホームドア

若年性認知症の患者、家族と交流し、就労などきめ細かな支援が必要だと実感。ワンストップで相談できる若年性認知症総合支援センターの拡大を都に要望し、昨年11月、都内2カ所目となるセンターが日野市でオープンした。

聴覚障がいがある生徒に授業の内容を文字で伝える「介助通訳者」の派遣事業では、「高校に進学したら、費用の全額が自己負担になった」との母親の声を受け、都に対策を要請。昨年4月から、都立高校の保護者負担がゼロに。

練馬区内の地下鉄全8駅に、ホームドアの設置を実現。東京五輪・パラリンピックに向けて前進する「人にやさしい街づくり」をいち早くリードした。豊洲市場移転問題では、百条委員会の委員として、真相究明に全力を注ぐ。

小林けんじ

党都本部青年局長、同練馬総支部長。都議会厚生委員長。都議2期。創価大学卒。47歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読