東京都議選予定候補 こう語ろう 藤井一 現

公明新聞:2017年3月7日(火)付

大田区 定数8

◆京急高架化で交通渋滞を解消
◆中小企業を守る施策をリード

都民の相談を受けたら、解決に徹して取り組む。“開かずの踏切”により交通渋滞に悩まされた住民の願いを胸に行動を起こし、区内を走る京浜急行本線・空港線の高架化を20年越しで実現。高架下の有効利用においては商業施設の開業を強く推進し、活気ある街づくりをリードする。

住民の高齢化が進む都営住宅では、エレベーター設置などのバリアフリー化を促進した。また目と耳が不自由な盲ろう者の支援のため、通訳・介助派遣事業の創設を議会で初めて主張し、実現させるなど、弱い立場の人を守る施策を前進させてきた。

町工場が集まる大田の発展へ、中小企業を守り育てる政策実現に全力。都の新年度予算案では「起業・創業の促進」などの予算を積み増しさせた。ものづくりの技術の継承者を育てる六郷工科高校の開校や、創業支援施設(羽田旭町)の設置など実績は数多く、その手腕は群を抜く。

藤井一

党都本部幹事会会長。都監査委員。都議会副議長など歴任。都議6期。創価大学卒。63歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読