華麗に車いすダンス

公明新聞:2017年2月26日(日)付

ダンサーの鈴木さんらの応援に駆け付けた伊藤都議ダンサーの鈴木さん(手前左)らの応援に駆け付けた伊藤都議(奥左から4人目)

伊藤都議が出演者にエール
品川区のイベントで披露

障がいのある人とない人がペアを組んで踊る「車いすダンス」―。このダンスを通して社会に希望を届ける市民団体「ジェネシスオブエンターテイメント」(坪田建一代表)が先ごろ、品川区主催の福祉イベントに出演し、感動を呼んだ。ジェネシスの出演を後押しした公明党の伊藤こういち都議(都議選予定候補=同区)らも駆け付け、出演者にエールを送った。

イベントでは、世界選手権で活躍する鈴木剛さんらが力強く華麗なダンスを披露。鈴木さんは講演も行い、バイク事故で下肢に障がいを負ったことや、その後に待ち受けた社会の偏見、苦悩を述懐。車いすダンスとの出会いを機に「世の中が変わらないのなら自分が変わればいい」と思うようになったと話した。

伊藤都議はイベント終了後、出演者と懇談し、障がい者が文化・芸術の分野でさらに活躍できる環境を築いていくと強調。「皆さんのパフォーマンスで、多くの人を元気にしてほしい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読