インフラ整備や防災対策の推進を

公明新聞:2017年2月17日(金)付

愛知県議らが石井国交相に

石井啓一国土交通相(公明党)は9日、国交省で愛知県の公明党県議団(渡会克明団長)と自民党県議団(中野治美団長)から、インフラ整備や防災対策の推進などに関して要望を受けた。

これには、公明党の伊藤渉衆院議員、自民党の藤川政人参院議員らが同席した。

席上、県議らは、日本の成長をリードする産業集積地としての同県の特長を述べ、重要性について言及。併せて、物流ネットワークの強化や河川の氾濫など防災対策への十分な予算を要望した。

これに対し、石井国交相は「引き続き取り組んでいく」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読