子育てに「まえサポ」

公明新聞:2017年1月31日(火)付

まえばし子育て世代包括支援センターで、担当者から話を聞く前橋市議会公明党のメンバーまえばし子育て世代包括支援センターで、担当者から話を聞く前橋市議会公明党のメンバー(右側4人)

コーディネーターなど配置
前橋市

群馬県前橋市は2016年度から、妊娠、出産、子育てにおける相談や支援を目的に、市保健センター内に「まえばし子育て世代包括支援センター(まえサポ)」を開設している。推進してきた市議会公明党(石塚たけし幹事長=市議選予定候補)はこのほど、同センターを訪れ、担当者から話を聞いた。

同センターには、妊娠した時から子育て支援を手厚く行うため、母子保健コーディネーターや保育コンシェルジュを配置。これにより、さまざまな不安について相談に応じるほか、子育てに関する情報提供などを行っている。また、センター内には子どもが遊べるスペースも設けられている。

担当者は「さらに支援を充実していきたい」と語っていた。

市議会公明党は、2014年3月の定例会で新井みさこ議員(市議選予定候補)が、15年12月の定例会では高橋てるよ議員(同)が産後ケアの充実を訴えるなど、同センターの設置を後押ししてきた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読