党幹部、新春の集いであいさつ

公明新聞:2017年1月18日(水)付

安全・安心の上水道を守るため協力

全管連

賀詞交歓会 全管連公明党の石田祝稔政務調査会長(党上水道・簡易水道問題議員懇話会会長)は17日、全国管工事業協同組合連合会(全管連、大澤規郎会長)が都内で開いた賀詞交歓会に出席した。

石田氏は、災害時の上水道復旧など、全管連によるさまざまな尽力が「国民の福祉向上に貢献している」と強調。安全・安心の上水道を今後も守るため、適切な工事単価の確保などに協力していく考えを示した。

生活に身近な路線バス事業支える

日本バス協会

賀詞交歓会 日本バス協会公明党の山口那津男代表は17日、都内で開かれた日本バス協会(島倉秀市会長代行)の賀詞交歓会に出席し、あいさつした。井上義久幹事長、太田昭宏全国議員団会議議長らも出席した。

席上、山口代表は、路線バスが通勤、通学のほか、高齢者の買い物や通院に欠かせない移動手段である点を強調。「今後も生活に身近なバス事業をしっかり支えていく」と述べた。

東京五輪を節目に未来への布石打つ

不動産団体

賀詞交歓会 不動産団体公明党の山口那津男代表は17日、都内で全日本不動産協会と不動産保証協会(ともに原嶋和利理事長)の新年賀詞交歓会に出席し、原嶋理事長らと懇談した。井上義久幹事長、太田昭宏全国議員団会議議長らも参加した。

あいさつに立った山口代表は「2020年に開催される東京五輪・パラリンピックを一つの節目に、未来に向けた不動産の布石を打ちたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読