介護現場にロボット

公明新聞:2017年1月4日(水)付

介護ロボットの導入状況について話を聞く佐々木市議介護ロボットの導入状況について話を聞く佐々木市議(右)

仕事の負担軽減に役立てる
愛媛・新居浜市

愛媛県新居浜市は、介護現場の環境改善や介護従事者の負担軽減策の一環として、介護ロボットの導入を進めている。同ロボット導入については、公明党の佐々木文義市議が昨年2月定例会で要望していた。

各事業所に導入されたのは、人の動きをサポートして腰などへの負担を軽減する筋力補助装置「マッスルスーツ」や、高齢者の動きを画像や赤外線で見守る徘徊予防システムなど6機。

市は、介護従事者の負担を軽減する機器導入に対して国が補助する「介護ロボット等導入支援事業特例交付金」を市内の事業者にアピールし、活用を推進。補助上限額は92万7000円で、今年度は6事業所が導入した。

市介護福祉課の加藤京子課長は、「介護従事者の負担が大きい仕事をロボットが補ってくれるので、働きやすい環境が整う。離職者の減少につなげたい」と語っていた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読