災害強いインフラ推進

公明新聞:2016年11月25日(金)付

来週にも国民会議を設立
国交省

公明党国土交通部会(部会長=佐藤英道衆院議員)は24日、衆院第1議員会館で、28日に国交省が設立する「インフラメンテナンス国民会議」について説明を受け、意見交換した。

同会議は、災害に強いインフラ整備を加速させるため、施設管理企業や自治体の情報共有、連携強化を推進する。公明党の「防災・減災ニューディール」の考え方を反映した取り組み。

国交省側は、限られた予算の中でメンテナンス(管理)を効率的に進めるために、「企業と自治体間の連携が必要」と説明。出席議員からは、「成功事例を広く紹介していくべき」などの意見が寄せられた。

同部会では、災害を防ぐ無電柱化推進法案の審査も行い、了承した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読