未来ひらく希望都市へ

公明新聞:2016年11月18日(金)付

葛飾区 定数4
のがみ純子 現
2017東京都議選

4期16年。防災・減災、街のバリアフリー、食の安全、子育て支援、いじめ・不登校対策の強化――小さな声を受け止め、カタチにしてきた実力派。

大規模水害への備えとして、中川の護岸の耐震強化を実現。護岸に“テラス”を整備し、新たな「にぎわい」創出へ希望を広げる。鉄道駅のホームドア設置や広告屋根付きのバス停など、「生活者に優しい交通ネットワーク」の実現を後押ししてきた。

「もっと住みたくなる街づくり」へ、在宅介護・療養家庭への支援や、若年性認知症の相談窓口の開設などを推進。公有地を活用した医療・福祉・子育て支援拠点の整備、返済不要な奨学給付金の拡充、待機児童対策、幼児教育無償化にも全力を挙げる。

党都本部規律委員長、同葛飾総支部長。都議会党副幹事長。都議4期。元公立小学校教頭(副校長)。山口大学卒。63歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読