東京をつくる 新しい力!

公明新聞:2016年11月17日(木)付

新宿区 定数4
古城まさお 新
2017東京都議選

都政に“新風”を送り込む36歳。公明党職員として全国の議員活動の最前線を見てきた経験から、生活者の側に立った政策実現とともに、議員報酬カットなどの議会改革に情熱をたぎらせる。

「育ててもらった地域に恩返しがしたい!」と大学時代は、新宿区内で桜の名所としても知られる神田川沿いの清掃ボランティア団体を設立。地元愛あふれる行動派だ。

勤務していた高速バス会社では、若き経営企画室長として路線拡充や関連会社の新規事業立ち上げなど、会社の発展や利便性の向上に貢献。誠実な人柄と抜群の実行力に、周囲からの信頼は厚い。

東京を訪れた旅行者向けのガイド経験も豊富。観光に精通した“即戦力”として、東京オリンピック・パラリンピックを見据えた地元の魅力発信や宿泊施設拡充による消費拡大などに意欲を燃やす。

防災対策の強化や施設のバリアフリー化、教育や子育て支援の充実にも真剣。若者から高齢者までの“声”が届く政治を誓う。

党都本部広報宣伝局次長。創価大学卒。日本大学法科大学院修了。会社員を経て党職員へ。新宿区在住。36歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読