農林水産業活性化

公明新聞:2016年11月7日(月)付

輸出や所得、鳥獣害対策も
第2次補正予算の実績

TPP(環太平洋連携協定)の影響が懸念される農林水産業。

農畜産物の輸出促進と競争力強化に力を入れる一方、中山間地などの条件の悪い地域での所得向上策に力を入れます。鳥獣害対策も強化されます。

地域材利用拡大緊急対策事業として、地域の木材を利用する事業者への支援や木材流通効率化事業、シイタケの生産支援なども講じられます。CLT(直交集成板)の建築利用も進められます。高性能船の導入などを支援して収益性を向上させる漁業構造改革総合対策事業も実施されます。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読