都議選第2次公認で2氏

公明新聞:2016年10月7日(金)付

北多摩3区(調布市、狛江市)に初挑戦
党中央幹事会

公明党は、6日午前の中央幹事会で東京都本部(高木陽介代表=衆院議員)からの公認申請を受け、来年の東京都議会議員選挙(来年7月22日が任期満了)の第2次公認として2人を決定した。現職の中島義雄氏(世田谷区選出)が北多摩3区(調布市、狛江市)に初挑戦する。

第2次公認の内訳は現職2人。これにより都議選の党公認予定候補は18人(現職16人、新人2人)となった。

第2次公認された2氏の略歴は、以下の通り。

【世田谷区】(定数8)

栗林のり子(くりばやし のりこ)

党都本部副幹事長。東京立正短期大学卒。62歳。




【北多摩3区=調布市、狛江市】(定数3)

中島義雄(なかじま よしお)

党中央幹事、同都本部代表代行。東京都立大学卒。66歳。




(年齢は掲載日現在)

第1次公認の予定候補者はこちら

第3次公認の予定候補者はこちら

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読