コメ助ウイークリー 若者の就活支援

公明新聞:2016年6月6日(月)付

ブラック企業撲滅へ法整備

来年3月に卒業予定の大学生らの就職活動で、企業の面接・選考が1日から始まったんだヨネ。そこで今回は、公明党が実現した若者の就活支援策について、「応援」と「守る」という観点で、党青年委員会の中野洋昌学生局長(衆院議員)に教えてもらったコメ。

応援

コメ助 就活の選考がいよいよ始まったコメ。

公明党が実現した主な若者の就活支援中野洋昌学生局長 公明党は青年委員会が中心となって若者の就活を支援しているよ。例えば、大学や専門学校などの新卒者や既卒者を対象とした「新卒応援ハローワーク」の開設に尽力したんだ。

ここでは全国各地の仕事情報が検索できるほか、就活に必要なエントリーシートの作成相談、面接指導も無料で受けられるよ。

コメ助 でも、近所に新卒応援ハローワークがない人もいるヨネ?

中野 ハローワークに行かなくても、就活相談ができるように「ジョブサポーター」(新卒・既卒者の就職支援を行う専門家)が大学に赴くなど、相談体制の充実に取り組んでいるよ。

職業体験をして自分の適性や企業の考えなどを知ることができるインターンシップ制度の拡充にも力を入れているんだ。

守る

コメ助 ブラック企業も大きな課題だコメ。

中野 その通り。だから公明党は、若者雇用促進法を実現したんだ。この法律によって、悪質な企業の新卒求人はハローワークで受理されなくなったんだよ。

新卒者を募集している企業に対しては、学生の要求に応じて平均勤続年数や離職者数などの職場情報を提供するよう義務付けた。

コメ助 勤続年数が短くて離職者が多い企業は仕事が大変そうだヨネ。

中野
全ての企業に当てはまるとはいえないけれど、学生が就職先を選ぶ時の基準になる。一方で、若者を大事にする中小企業を認定する「ユースエール認定制度」も始まっているから、それも就活の参考にしてほしいな。

このほか、違法な長時間労働を繰り返しているブラック企業の社名公表も公明党の訴えで実現したよ。

コメ助 さすが公明党! これからも若者の味方として就活を応援してほしイネ!

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読