女性の健康を生涯支援

公明新聞:2016年4月22日(金)付

法案を提出する古屋副代表、山本さんら=21日 国会内法案を提出する古屋副代表(左から3人目)、山本さん(右から3人目)ら=21日 国会内

参院に法案提出
自民、公明など与野党6会派

自民、公明など与野党6会派は21日、女性の健康を生涯にわたって切れ目なく支援し、活躍の基盤を強化する「女性の健康包括的支援法案」を参院に提出した。同法は、2014年の衆院解散に伴い廃案になっていた。

公明党から発議者の山本香苗参院議員をはじめ、古屋範子副代表と高木美智代、浮島智子の両衆院議員、竹谷とし子、佐々木さやかの両参院議員が出席した。

同法案では、国と地方自治体に対し、女性のライフステージに応じた切れ目のない健康支援を充実させるよう要請。性差医療の強化や女性の健康に関する調査研究の推進・活用を求めている。毎年3月3日~9日を「女性の健康週間」と法的に位置付け、啓発活動を行うことなども盛り込んだ。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読