ヘイトスピーチ 法整備に向け議論

公明新聞:2016年3月30日(水)付

与党WTが初会合

自民、公明両党の与党ヘイトスピーチワーキングチーム(WT)は29日、衆院第2議員会館で初会合を開き、ヘイトスピーチ(憎悪表現)問題に関する政府の対応や実態調査などについて法務省から説明を受け、法整備に関して議論した。

公明党から遠山清彦同WT座長代理(党ヘイトスピーチ問題対策プロジェクトチーム座長)と国重徹の両衆院議員、矢倉克夫参院議員が参加した。

冒頭、遠山氏は「しっかりとした法案を考えていきたい」とあいさつした。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読