若手農業経営者と懇談会

公明新聞:2016年3月30日(水)付

会場の「ファーマーズヤード」で若手農業経営者と懇談する伊藤さんら=29日兵庫・姫路市会場の「ファーマーズヤード」で若手農業経営者と懇談する伊藤さん(中央)ら=29日兵庫・姫路市

兵庫・姫路市 で伊藤さん
ブランド力強化を応援

公明党の伊藤たかえ女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)は29日、兵庫県姫路市内で開かれた職種別懇談会「つながるカフェ」(会費制)に出席した。第3回目の今回は「農業」がテーマ。天野文夫、島山清史の両県議と川島淳良市議と共に、若手農業経営者と意見を交わした。

有機野菜の生産にこだわる「ファーマーズヤード」経営者の鈴木広史さん(41)は「独自性をブランド力に変え勝負している。こうした努力を後押しすれば就農者の応援になる」と要望。地域の若手農家グループ「ハンズ」会長の飯塚祐樹さん(36)は「“作り手のストーリー”を売っていく新しい農業を磨いていきたい」と強調した。

一方、大学職員から転じ就農した神﨑一馬さん(39)は「農業は面白い。魅力を若い人につなぐ取り組みが薄い」と指摘。農業法人出身の串光倫典さん(41)は「農家の経営基盤強化が重要」と話した。

伊藤さんは「若い人のアイデアは意欲的。攻めの農業を支援したい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読