声聞いてくれて、いイネ!

公明新聞:2016年3月22日(火)付

スキー場で若者たちの声を聞く党山形・青年局のメンバースキー場で若者たちの声を聞く党山形・青年局のメンバー

スキー場で政策アンケート
コメ助も参加
党山形県本部青年局

アンケートの応援に駆け付けたコメ助声を聞いてくれるのが、いイネ!―。公明党山形県本部青年局(武田新世局長=山形市議)は、党青年委員会の政策アンケート「VOICE ACTION(ボイス・アクション)」を県内各地で展開している。このうち東根市内のスキー場「黒伏高原スノーパーク ジャングル・ジャングル」では武田、松田孝男の両山形市議と河村豊東根市議、青年党員がアンケート活動を実施。1日で101人の若者や家族連れが回答した。

同スキー場には、党公認キャラクター兼大使の「コメ助」も“助っ人”として駆け付け、「カワイイですね」「何のキャラクター?」などと人気を集め、公明党のアピールに一役買っていた。=関連記事

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読