TICAD成功へ協力

公明新聞:2016年3月10日(木)付

タンガラ常駐代表と懇談する山口代表、岡本氏=9日 衆院第1議員会館タンガラ常駐代表(右)と懇談する山口代表(中)、岡本氏=9日 衆院第1議員会館

ガンビア国連常駐代表と
山口代表らが懇談

公明党の山口那津男代表は9日、衆院第1議員会館でガンビアのママドゥー・タンガラ国連常駐代表の表敬を受け、意見交換した。岡本三成国際局次長(衆院議員)が同席した。

席上、山口代表は8月にケニアで開かれる第6回アフリカ開発会議(TICADⅥ)に向け、閣僚級準備会合がガンビアで予定されていることに言及。「日本も協力し、準備会合を成功に導きたい」と強調した。その上で、「人材育成」や「高い技術力の提供」など、「日本の持ち味を生かしたTICADとなるよう望んでいる」と訴えた。

タンガラ常駐代表は「TICADの成功へ可能な限り努力する」と表明。開発に向けて政府と民間の連携が重要とした山口代表の指摘に賛意を示し、国の発展を考える上で「民間セクターの参画は不可欠」と主張した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読