街頭で防災力の向上訴え

公明新聞:2016年2月29日(月)付

「兵庫の希望の未来を開く」と訴える伊藤さんら=28日 兵庫・西宮市「兵庫の希望の未来を開く」と訴える伊藤さん(中央)ら=28日 兵庫・西宮市

兵庫 伊藤たかえ さん

公明党の伊藤たかえ女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)は28日、兵庫県西宮市と尼崎市でそれぞれ開かれた党兵庫県本部主催の街頭演説会に参加した。

このうち西宮市内で伊藤さんは、阪神・淡路大震災での被災経験を原点に、弁護士として建物の耐震性などの問題に携わってきたことに触れ、「安全で安心な暮らしの基盤は防災力。兵庫の防災・減災に取り組む」と訴えた。さらに、弁護士時代に特許や商標といった知的財産権の問題を扱ってきた伊藤さんは、「兵庫の農漁業や地場産業、観光地など豊富な地域資源をブランド化し、世界につなぐ攻めの産業支援で、希望の未来を開きたい」と力強く決意を語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読