宇宙開発日本の信頼増す

公明新聞:2016年2月27日(土)付

油井さん(中央右)と和やかに懇談する山口代表(同左)ら=26日 衆院第2議員会館油井さん(中央右)と和やかに懇談する山口代表(同左)ら=26日 衆院第2議員会館

ISSから帰還  油井さんが講演

国際宇宙ステーション(ISS)に5カ月間滞在し、昨年12月に帰還した宇宙飛行士・油井亀美也さんが26日、公明党文部科学部会(浮島智子部会長=衆院議員)などが衆院第2議員会館で開いた合同会議で講演するとともに、山口那津男代表らと和やかに懇談した。

講演で油井さんは、ISSへの補給物資打ち上げにロシアと米国が失敗する中、日本の無人補給機「こうのとり」の打ち上げが成功したことを紹介。さらに、ISSと「こうのとり」の結合任務では油井さんがロボットアームでキャッチし地上の通信担当を宇宙飛行士の若田光一さんが務めたことに触れ、「重要任務の要所を日本人が担当した。日本の宇宙技術への信頼が、さらに増している」と強調した。

また、油井さんはISSの国際連携で国同士が友好関係を築いていることから「ISSは平和の象徴だ。宇宙開発に政治の後押しをお願いしたい」と語った。

山口代表は「日本の宇宙技術が世界に存在感を示した。このバトンをつないでほしい」と激励した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読