人間の復興成し遂げる

公明新聞:2016年2月27日(土)付

記者会見で見解を述べる井上幹事長=26日 国会内記者会見で見解を述べる井上幹事長=26日 国会内

記者会見で井上幹事長
3月12、13日に 加速化会議 震災5年、決意新たに

公明党の井上義久幹事長は26日午前、国会内で記者会見し、東日本大震災の復興や衆院選挙制度改革などについて、大要、次のような見解を述べた。

【震災復興】

一、来月11日で東日本大震災の発災から丸5年になる。公明党は、12日に岩手県大船渡市と福島県いわき市で、13日に宮城県石巻市で復興加速化会議を開催する。山口那津男代表をはじめ、被災地担当の国会議員、地方議員が参加し、次の5年に向けた復興の決意を新たにしたい。

一、(今後5年間の復興のテーマについて)インフラの整備や住宅の再建は進んだが、本格的な復興を考えると、「心の復興」「人間の復興」が今後5年間の大きなテーマになる。被災者に寄り添いながら、「心の復興」「人間の復興」を進めなければならない。

【2015年国勢調査】

一、人口減少が本格的に始まったことについて、深刻に受け止めなければならない。日本の活力をどう維持し、後世代にバトンタッチしていくか。そうした観点で経済再生、社会保障と税の一体改革、地方創生を着実に進めることが重要だと明確になった。

【衆院選挙制度改革】

一、15年国勢調査に基づいて、都道府県の定数配分を「アダムズ方式」で行う考えは変わっていない。大島理森衆院議長のリーダーシップの下で、各党間の協議を経て、できるだけ幅広い合意をつくり、今国会で成案を得るべきだ。

一、(比例区の定数削減で公明党が提案したブロックの統合について)一定程度の定数がないと比例区(が持つ「民意の反映」機能)としての意味をあまりなさなくなる。その必要性は国勢調査の傾向を見ると、より強まっているのではないか。

【自民党との選挙協力】

一、参院選では安定した政権運営ができるよう、自公で過半数を確保するために協力することを(両党の)幹事長・選挙対策委員長や、安倍晋三首相と山口代表の間で確認されている。引き続き自公間できちんと取り組んでいきたい。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読