ビワ凍害の支援急げ

公明新聞:2016年2月26日(金)付

佐藤農水大臣政務官に対して緊急要望を行う遠山氏=25日 農水省佐藤農水大臣政務官(左から2人目)に対して緊急要望を行う遠山氏(左端)=25日 農水省

長崎の被害で緊急要望
佐藤政務官に遠山氏

公明党の遠山清彦衆院議員は25日、農林水産省で、佐藤英道農水大臣政務官(公明党)に対し、先月23日から25日にかけての記録的な寒波の影響により、長崎県のビワが凍害の被害を受けたことから、対策強化を求める緊急要望を行った。

遠山氏は、今月15日に長崎市を現地調査し、地元生産者らから要望を聞いたことを報告。その上で、「被害農業者に対する技術面・資金面などで最大限の支援や協力を」と訴えた。具体的には、簡易ハウスなどを増やすことで、より安定的な生産体制が構築できるための支援などを求めた。

佐藤政務官は、2015年度補正予算に盛り込まれた、大雪被害などの営農再開支援で簡易ハウスの導入などを支援する「産地パワーアップ事業」が活用できることを紹介。その上で「一日も早く営農再開ができるよう現場の声を聞いて対策に努めたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読