宿舎跡地を園庭に活用

公明新聞:2016年2月20日(土)付

「ふじみこどもひろば」で子どもたちと遊ぶ稲津、高木(美)、竹谷、竹内の各氏と地元区議=19日 東京・千代田区「ふじみこどもひろば」で子どもたちと遊ぶ(正面前列右から)稲津、高木(美)、竹谷、竹内の各氏と地元区議=19日 東京・千代田区

式典に高木(美)、竹谷さんら
公明の推進で実現

東京都千代田区の衆院九段議員宿舎跡地で19日、同跡地を子どもの遊び場や保育園などの代替園庭として活用する「ふじみこどもひろば」のオープン式典が行われた。

式典には、同跡地活用の実現を推進した公明党の高木美智代、竹内譲、稲津久の各衆院議員と、竹谷とし子参院議員(参院選予定候補=東京選挙区)が出席。大串博康、米田和也の両区議も駆け付けた。

跡地の活用は、千代田区が衆院に要望していたものの、進展が見られなかったため大串区議らが高木さんに相談。当時、財務大臣政務官だった竹谷さんらとも連携しながら、昨年8月、現地視察の結果も踏まえて大島理森衆院議長に対して千代田区長と共に跡地活用を再度要望するなど、実現を後押しした。

式典後、早速、代替園庭内をうれしそうに駆け回る園児たちを見つめながら、高木さんは「子どもたちの元気が一番」と笑顔を浮かべ、竹谷さんは「本当に楽しそう」と目を細めていた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読