被選挙権年齢の引き下げを推進

公明新聞:2016年2月19日(金)付

若者団体の会合で中野氏

公明党の中野洋昌学生局長(衆院議員)は18日、衆院第1議員会館で、被選挙権年齢の引き下げの実現をめざす若者団体「OPEN POLITICS」の会合に出席し、あいさつした。

中野氏は、党青年委員会による政策アンケート「VOICE ACTION」などの取り組みを紹介し、「若い世代の声を積極的に取り上げていきたい」と強調した。

その上で、被選挙権年齢の引き下げについて「若い人の(政治への)関心を高めるためにも大事な政策だ」と訴え、着実に推進していく考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読