生活実感に沿う軽減税率

公明新聞:2016年2月14日(日)付

党山形県本部の政経セミナーであいさつする井上幹事長と、よこやま氏=13日 山形市党山形県本部の政経セミナーであいさつする井上幹事長(右)と、よこやま氏=13日 山形市

井上幹事長、よこやま氏 山形のセミナーで訴え

公明党の井上義久幹事長は13日、党山形県本部が山形市内で開いた政経セミナーに、よこやま信一参院議員(参院選予定候補=比例区)らと出席し、あいさつした。

井上幹事長は、2017年4月に消費税率10%引き上げと同時に導入される軽減税率制度について「公明党は、庶民の生活実感に沿った制度をめざし、加工食品を含む飲食料品全般を対象品目とするよう粘り強く訴え、実現した」と強調した。

よこやま氏は、地方創生などに意欲を示し「地方議員の経験を生かし、国民の声を政治に届ける」と決意を述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読