成年後見制度の促進を

公明新聞:2016年2月12日(金)付

研修会で見解を述べる高木さん=11日 都内研修会で見解を述べる高木(美)さん=11日 都内

障がい者支援の研修会で
高木(美)さん

公明党障がい者福祉委員会の高木美智代委員長(衆院議員)は11日、都内で開かれた障がい者福祉の研修会(共催=東京知的障害児・者入所施設保護者会連絡協議会など)に出席し、成年後見制度の利用促進について見解を述べた。

席上、高木さんは、公明党が素案を作成した「成年後見制度の利用促進法案」について説明。同法案には、地域の需要に対応した制度利用の促進や、成年後見人の担い手確保を明記したとし、「障がい者を抱えて悩む親の立場に立って法案を推進し、今国会での成立をめざしたい」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読