解体工事業の処遇改善を進める

公明新聞:2016年2月11日(木)付

全国解体工事業団体連合会の髙山眞幸会長と懇談する太田議長と石井国交相全国解体工事業団体連合会の髙山眞幸会長(中)と懇談する太田議長と石井国交相

団体会合で太田議長

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は10日、都内で開かれた全国解体工事業団体連合会(髙山眞幸会長)の新年賀詞交歓会であいさつし、石井啓一国土交通相(公明党)と共に髙山会長と懇談した。

太田議長は、昨年成立した改正建設業法(今年6月施行)で、建設業許可業種区分に「解体工事業」が新設されたことに触れた上で、労働者の処遇改善について「給料増、休暇取得向上など若い人が希望を持てるように進める」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読