女性の活躍 力強く支援

公明新聞:2016年2月1日(月)付

女性の集いであいさつする古屋副代表と高瀬さん=31日 福岡市女性の集いであいさつする古屋副代表(右)と高瀬さん=31日 福岡市

古屋副代表、高瀬さん 福岡の集いで訴え

公明党の古屋範子副代表(衆院議員)は31日、福岡市で開かれた党福岡県本部女性局(大城節子局長=県議)主催の「高瀬ひろみと福岡の女性の集い」に参加し、あいさつした。高瀬ひろみ党女性局次長(参院選予定候補=福岡選挙区)が出席した。

古屋副代表は、公明党が主導し、子育てや介護と仕事の両立を支援する育児・介護休業法などの改正案を政府が今国会に提出したことを紹介。「女性が社会進出し、活躍できる制度実現を力強く推進していく」と述べた。

また、古屋副代表は消費税の軽減税率について、低所得者の税負担や痛税感を和らげる効果を紹介。その上で、「庶民目線の公明党が一貫して取り組んできたものであり、円滑な制度実施をめざすため、年度内の関連法案成立をめざす」と強調した。

高瀬さんは、「女性や若者をはじめ、福岡、日本に必要とされる政策を実現するために、走り抜いていく」と力強く決意を訴えた。

来賓として参加した「女性の大活躍推進福岡県会議」の麻生渡顧問(前福岡県知事)は、「女性の視点を反映した政治の実現をめざす高瀬さんに期待している」と述べ、高瀬さんにエールを送った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読