四国横断自動車道の整備促進求める

公明新聞:2016年1月30日(土)付

徳島市長が石井国交相に

石井啓一国土交通相(公明党)は27日、国交省で徳島市の原秀樹市長に会い、四国横断自動車道の整備促進について要望を受けた。公明党の谷合正明参院議員と長尾哲見・徳島県議が同席した。

原市長は、同自動車道の整備促進により、広域的な交流を活性化させることで人口や雇用が増加し、地域経済の好循環がもたらされると強調。特に、昨年7月に「津田IC」が連結許可されたことに伴い、津田地区の企業立地促進・産業拠点づくりや、津波避難場所などの防災・減災の観点からも「徳島東IC~津田IC]間の早期開通を求めた。

石井国交相は、前向きに検討する考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読