全国で青年政策調査を実施

公明新聞:2016年1月24日(日)付

VOICEACTION
若者の声を政治に届ける

若者の声を政治に届けます―。公明党の山口那津男代表は19日の記者会見で、今月末から党青年委員会による全国規模のアンケート「VOICE ACTION(ボイスアクション)」に取り組むことを発表しました。

「VOICE ACTION」は、五つの代表的な青年政策案のうち、実現してもらいたい政策一つを選んでもらい、回答結果を今夏の参院選の重点政策に反映させる運動です。

政策案は、(1)非正規雇用の待遇改善や最低賃金1000円(時給)の推進(2)無料で使える公衆無線LANの充実(3)不妊治療の公費助成や幼児教育の無償化(4)婚活や新婚世帯の支援(5)月曜午前半休の促進など働き方・休み方改革―の五つ。昨年秋、党青年委員会が18~30歳代を対象に実施した青年政治意識調査を基に五つの政策案を作成しました。

党青年委員会は21日、東京都新宿区の党本部で第6回全国青年局長会議を開催し、「VOICE ACTION」を力強く展開することを誓い合いました。席上、山口代表は今回の調査が主に対面方式で行われることに触れ、「公明党は青年党員も活動し、じかに若者のニーズをつかみ取ることができる。このような調査は公明党しかできない」と力説しました。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読