若者の“生の声”を政治に

公明新聞:2016年1月24日(日)付

新有権者となる若者らと懇談する竹谷さんと長沢氏=23日 東京・中央区新有権者となる若者らと懇談する竹谷さん(左から2人目)と長沢氏(同3人目)=23日 東京・中央区

新有権者懇談会に出席
東京・中央区で竹谷、長沢氏

公明党東京都本部の中央総支部(中島賢治総支部長=区議)は23日、中央区内で「新有権者懇談会」を開催。これには、竹谷とし子(参院選予定候補=東京選挙区)、長沢ひろあき(同=比例区)の両参院議員が出席し、「18歳選挙権」の実施に伴い、夏の参院選から新たな有権者となる若者らと和やかに懇談した。

同懇談会には、高校生や大学生の若者ら約20人が参加した。

冒頭、あいさつで竹谷さんは、党青年委員会を中心に現場で若者の声を聞き、党全体の政策として政府に求めるなど、「若者政策に一番力を入れているのが公明党だ」と強調。携帯電話料金の引き下げなど、「生活に身近な政策、社会全体の役に立つ政策を公明党が実現していく」と述べた。

また長沢氏は、「18歳選挙権」は公明党が45年以上前から一貫して推進してきたことであり、新たに約240万人が有権者になるとして、「政治は未来をつくる仕事だ。若い人の声や思いが政治に届いていくことが大事であり、未来を担う皆さんの時代のために頑張りたい」と力説した。

その後の質疑応答では、大学1年の角谷咲楽さん(18)が「なぜ議員になろうと思ったのか」と質問。竹谷さんは、経営コンサルタントとして発展途上国の支援に従事した経験から、政治の重要性を実感したことに触れ、「人の役に立つことができるならとの思いで立候補させていただいた」と答えた。このほか、「自民党と連立を組む理由は何か」「将来の日本のために学生に求められる能力は」などの質問に、長沢氏が丁寧に答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

新聞の定期購読